重症アレルギー対応&小児救命法コース(PBLS)対応
BLS沖縄  沖縄県内で、一般市民~医療従事者を対象に救急心肺蘇生法(BLS;CPR/AED)や応急手当(ファーストエイド)コースの公募講習や出張講習を開催しております。
 主に救急法の世界的権威であるアメリカ心臓協会のコースやメディック・ファーストエイドのコースを中心に提供しております。

BLS沖縄とは?
AHA公式講習
医療従事者向け
PEARSプロバイダー
医療従事者、養護教諭、保育園看護師、教員、ライフセイバー向け
BLSヘルスケアプロバイダー
企業、学校教職員、幼稚園教諭、保育士、軍雇用員向け
ハートセイバーCPR AED
企業、学校教職員、幼稚園教諭、保育士、軍雇用員向け
ハートセイバー・ファーストエイド
子育て中の方、乳幼児の心肺蘇生法と窒息対処法を学びたい方
赤ちゃんと子どもの心肺蘇生法
MFA公式講習
小学校教職員、幼稚園教諭、保育士、学童職員向けフルコース
チャイルドケアプラス
小学校教職員、幼稚園教諭、保育士、学童職員向け応急手当コース
エマージェンシーケア・ファーストエイド
医療従事者を含む血液・体液感染の恐れのある方向け
血液感染性病原体プログラム(BBP)
PUSHプロジェクト
親子で心肺蘇生法を学び、命の大切さや助け合う気持ちを育む
親子で学ぶ心臓マッサージ教室

 お問合せ 



BLS沖縄ブログ
BLS沖縄公式フェイスブック





BLS横浜

日本医療教授システム学会AHA国際トレーニングセンター

メディック・ファーストエイド
アレルギー児をもつ親のためのエピペン講座
重症アレルギー対応&小児救命法コース(PBLS)

開催予定日  会場  受付状況

 命に関わる重症アレルギー反応に使用するアドレナリン自己注射器、エピペン®対応と状況が悪化した場合に備えて、子どもの救急心肺蘇生法を併せて学ぶコースです。

プログラムの特徴
 
 重篤なアレルギー症状、いわゆるアナフィラキシーを発症した場合、どのように対応しますか?
 エピペン®を処方される際に使い方のDVDなどはご覧いただいたと思いますが、エピペン®自体を打つのは簡単です。
 重篤なアレルギー症状であるアナフィラキシーショックは、注射をしなければいけない心停止の一歩手前ともいえる生命危機状態です。
 エピペン®注射をして安心するのではなく、救急隊に引き継ぐまで、状態変化の観察を続け、最悪の場合は、速やかに心肺蘇生法に移行する心構えでいる必要があります。
 当コースでは、エピペン®の取り扱い法の確認だけではなく、小児の観察の視点、また子どもの心肺蘇生法までを一貫した流れとして扱い、シミュレーションで理解を深めるプログラムです。
 日本版JRC蘇生ガイドラインでは、学校教職員や子どもの保護者には、市民向け一般蘇生講習ではなく、小児一次救命処置(PBLS)の習得が推奨されています。
 小児マネキンを用いて、人工呼吸の重要性にフォーカスした小児救命法も併せて習得します。



コース名 アレルギー児をもつ親のためのエピペン講座
重症アレルギー対応&小児救命法コース(PBLS)
コース内容 命に関わる重症アレルギー反応に使用するアドレナリン自己注射器、エピペン®の取り扱いと、子どもの心肺蘇生法を併せて学ぶコースです。
受講資格 どなたでも受講できます(年齢制限もありません)
受講対象 エピペンを処方されたお子さんのお父さん、お母さん
コースの特徴 エピペンⓇ(アドレナリン自己注射器使用方法及び観察の仕方、状況悪化後の救急心肺蘇生法
受講料 1,500円
コース時間 2時間半程度
修了証 特定団体の修了カードの発行はございません
 

Copyright(C)2012-2016 BLS OKINAWA All Rights Reserved

沖縄、エピペン対応、アレルギー対応、小児救命法、小児救急法、アナフィラキシー対応、沖縄、エピペン対応、アレルギー対応、小児救命法、小児救急法、アナフィラキシー対応、沖縄、エピペン対応、アレルギー対応、小児救命法、小児救急法、アナフィラキシー対応、沖縄、エピペン対応、アレルギー対応、小児救命法、小児救急法、アナフィラキシー対応、沖縄、エピペン対応、アレルギー対応、小児救命法、小児救急法、アナフィラキシー対応、沖縄、エピペン対応、アレルギー対応、小児救命法、小児救急法、アナフィラキシー対応、沖縄、エピペン対応、アレルギー対応、小児救命法、小児救急法、アナフィラキシー対応、沖縄、エピペン対応、アレルギー対応、小児救命法、小児救急法、アナフィラキシー対応、沖縄、エピペン対応、アレルギー対応、小児救命法、小児救急法、アナフィラキシー対応、沖縄、エピペン対応、アレルギー対応、小児救命法、小児救急法、アナフィラキシー対応、沖縄、エピペン対応、アレルギー対応、小児救命法、小児救急法、アナフィラキシー対応、