小児救命法&傷病者評価法を含めた応急対応コース
BLS沖縄  沖縄県内で、一般市民~医療従事者を対象に救急心肺蘇生法(BLS;CPR/AED)や応急手当(ファーストエイド)コースの公募講習や出張講習を開催しております。
 主に救急法の世界的権威であるアメリカ心臓協会のコースやメディック・ファーストエイドのコースを中心に提供しております。

BLS沖縄とは?
AHA公式講習
医療従事者向け
PEARSプロバイダー
医療従事者、養護教諭、保育園看護師、教員、ライフセイバー向け
BLSヘルスケアプロバイダー
企業、学校教職員、幼稚園教諭、保育士、軍雇用員向け
ハートセイバーCPR AED
企業、学校教職員、幼稚園教諭、保育士、軍雇用員向け
ハートセイバー・ファーストエイド
子育て中の方、乳幼児の心肺蘇生法と窒息対処法を学びたい方
赤ちゃんと子どもの心肺蘇生法
MFA公式講習
小学校教職員、幼稚園教諭、保育士、学童職員向けフルコース
チャイルドケアプラス
小学校教職員、幼稚園教諭、保育士、学童職員向け応急手当コース
エマージェンシーケア・ファーストエイド
医療従事者を含む血液・体液感染の恐れのある方向け
血液感染性病原体プログラム(BBP)
PUSHプロジェクト
親子で心肺蘇生法を学び、命の大切さや助け合う気持ちを育む
親子で学ぶ心臓マッサージ教室

 お問合せ 



BLS沖縄ブログ
BLS沖縄公式フェイスブック





BLS横浜

日本医療教授システム学会AHA国際トレーニングセンター

メディック・ファーストエイド
ファミリーサポート会員・チャイルドマインダー等 スキルアップ講習
小児救命法&
傷病者評価法を含めた応急対応コース

開催予定日  会場  受付状況
2015年12月12日( 那覇市内 〆切

 「子どもの状態が危険かどうかをどのように判断したらいいの?」という不安はありませんか?

 
応急手当ての各論だけを学ぶだけでは、適切な対応はできません。

 傷病者への評価なき対応は、状況を悪化させる原因ともなります。

 何に気をつけて対応を行うのかという
「傷病者評価システム」のスキルを学びます。

 また、子どもの状況が悪化した場合に備えて、成人とは異なる子どもの心停止機序を踏まえた、蘇生科学に基づいた質の高い心肺蘇生スキルも習得します。


プログラムの特徴
 
このプログラムはファミリーサポート会員など、一般市民で子どもをケアする立場にある方を対象としたプログラムです。

 成人とは異なる子どもの心停止に至るまでの機序の違いを理解して効果的な心肺蘇生すきるを身につけます。

 また応急手当の各論よりも大切な、「傷病者評価システム」を学び、子どもが危険な状態なのか大丈夫なのかという判断するスキルを身につけます。

 また、お作法的な講習だけでは、実際の現場で対応することは難しいので実際を想定ししたシミュレーショントレーニングを通して、対応力を身につけます。

【主な内容】
1.アメリカ心臓協会ガイドライン2010に基づいた小児の心肺蘇生&窒息対処法
2.「反応なし、呼吸あり」の対応、気道確保、回復体位
3.うつ伏せ状態の傷病者への対応、頚椎保護
4.「反応あり」の対応
5.119番通報の練習(状況別)
6.命に関わる優先順位の考え方(呼吸器系、循環器系、神経系)
7.傷病別(アナフィラキシー、痙攣、出血等)対応
8.シナリオ実習
9.救急対応後に発生しやすいアフターショックについて(PTSD)


コース名 小児救命法&傷病者評価を含めた応急対応
コース内容 子どもの心停止対応及び傷病者評価システムを含めた応急対応
受講資格 どなたでも受講できます(年齢制限もありません)
受講対象 不問
受講料 3,500円
コース時間 4時間
修了証 特定団体の修了カードの発行はございません
 

Copyright(C)2012-2015 BLS OKINAWA All Rights Reserved